三浦歯科トップページ>予防歯科

  貴方は、歯を削ったり・抜いたりしたことはありませんか?
歯が痛くなってから歯医者に行くと、その時はもう歯を削ったり・
神経を取ったり・最悪の場合、歯を抜くことになります。
 また、毎日、歯を磨いているのに、虫歯ができてしまったりした
ことはありませんか?自分ではしっかり磨いているつもりでも、
磨き残しがあったり、お口の中の環境が、虫歯の出来やすい状態
であったり、ご自分では判断できないこともあります。
予防歯科は、そんな虫歯や歯周病の原因をつくらないようにしたり、
お口の中の環境を改善していく歯科治療のことです。
当院では、歯科医院での予防(プロフェッショナルケア、以下プロケア)
と患者様自身での予防(セルフケア)、定期的な管理(メインテナンス)
を中心に予防歯科を行っています。
但し、残念ながら予防歯科は保険適応がされておりませんので、
自費診療となります

まず、虫歯・歯周病の有無を検査を行います。
  ・ レントゲン撮影(パノラマ撮影、デンタル撮影)
  ・ お口の中全体の視診による検査
  ・ ダイアグノデントによる虫歯の検査
  ・ 歯ぐきの基本的な検査
    (歯周ポケットの測定・歯の動揺の測定・歯ぐきからの出血・
     排膿の有無 等)
    虫歯・歯周病のある場合:先にそれぞれの治療を行い、治療
    終了後、予防治療に進みます。

    虫歯・歯周病のない場合:まず、予防治療に入る前に貴方のお口
    の中の環境が、「虫歯や歯周病になりやすい状態」か、「虫歯や歯周
    病になりにくい状態」かの検査を行います。これをリスク検査といい
    ます。この検査の結果をもとに治療計画を作成します。また、治療の
    ステップごとに、このリスク検査を行うことにより治療の進み具合・お
    口の中の状態の改善状況が把握できます。


・オーラルテスターの使用
・位相差顕微鏡を用いて、口腔内細菌の確認
・口腔内細菌の培養
・個人によって存在するリスクファクターは、さまざまであるので、検査結果を基に患者様個々にあった治療計画を立案し、虫歯・歯周病についても理解してもらうようカウンセリングを行う。
まずは、お口の中の環境を整えるために機械的な清掃を習得していただきます。
リスクとなっている食事習慣や喫煙などの生活習慣を把握し、改善すべき点を患者様と一緒に探っていきます。
細菌培養の結果によっては3DSや乳酸LSIなどを用いて改善を試みなければならない場合があります。
歯石・プラーク等の口腔内細菌によるバイオフィルムを除去・破壊し歯肉縁上における細菌数を減少させ環境改善を行う。
歯質の再石灰化や強化のため、プロケア・ホームケアにおいてフッ化物の使用を励行する。
PMTCを行うことによって、定期的にバイオフィルムの除去・破壊を行う。
一時的にリスクが減ってとしても、生活習慣等の変化により悪化する場合もあるので、定期的に再評価を行っていく。

→費用について
  オーラルテスターを使用して、
  1.ニュータンス菌数レベルの測定
  2.唾液緩衝能
  3.唾液分泌量
  を行う
  位相差顕微鏡を使用して、現在の患者様の口腔内の細菌の活動を、
  コンピューターのモニターに映し出し、リアルタイムで観察して頂くことに
  より現在の状況を把握して頂きます。また、治療が進につれ口腔環境
  がどの様に変化していくかを知ってもらうことができます。
  口腔内細菌の培養

 プロフェッショナルケア(以下、プロケア)とは、専門家による歯科医院でのお手入れのことです。
 お口の健康を保つためには、ご家庭でのホームケアと歯科医院で行う
プロケアを両立させることが大切です。

 プロケアは、患者様が生涯にわたって健康なお口を保てるように、治療計画に基づき、下記の内容を最適なタイミング、頻度で行っていきます。
 歯のクリーニング
 
 歯間のクリーニング
 専用の器具を使って、ご家庭での歯磨きでは落としきれない汚れ(バイオフィルムを落とします)。虫歯や歯周病の予防になるだけでなく、歯が本来もつ白さや輝きを取り戻すことができます。  
 歯石の除去
 プラークが石のように固まってしまったものを歯石といいます。
強力に歯にくっついているため、歯磨きでは落とすことが出来ませんので、定期的に歯科医院で専用の器具を使って取り除きましょう。
 フッ素塗布
 
       3DSによるフッ素塗布
 プロケアでは、家庭では使えない高濃度のフッ素を使用します。
低濃度フッ素のホームケアと高濃度フッ素のプロケアを組み合わせていくことにより効果的なフッ素塗布が行えます。
 歯磨き指導
 ご家庭でのお手入れをより良く行うために、個々にあったお口のお手入れの方法をご案内します。
→費用について

 ホームケアとは、〜ご家庭でのお口のお手入れ〜のことです。
ホームケアには、物理的清掃化学的清掃があります。
歯磨きと歯間のお掃除
 歯ブラシの使い方
  
 
 歯間のお掃除
 歯ブラシを使って丁寧に歯磨きをしても、プラーク(歯垢)は完全にはとりのぞけません。歯と歯の間には毛先が届きにくいからです。
  ・デンタルフロス
 糸を歯の側面に沿わせてゆっくりと前後に動かしながら挿入していきます。
 ホルダー付と糸巻きタイプがあります。慣れていないかたにはホルダー付が使いやすいでしょう。
  ・歯間ブラシ/ワンタフトブラシ
 歯と歯に隙間があいている場合や歯並びが悪いところは、歯間ブラシやワンタフトブラシが適していることもあります。
     
歯磨剤と洗口剤(うがい薬
 歯磨剤
 歯磨剤は汚れを落とすという目的の他に、虫歯や歯周病などを予防する薬用成分の含まれたものを使用するようにしましょう。
 特に、虫歯予防には、フッ素が有効です。
 洗口剤(うがい薬)
 洗口剤は、歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯肉の境目の細菌を殺菌します。また、プラークを着きにくくしたり、虫歯や歯周病、口臭を予防するのにも有効です。フッ素の入った洗口剤は特に虫歯予防効果が高いので、お子様におすすめです。

お口の健康を保つには、ホームケアとプロケアの両立が重要です。
                (引用) Tokuyama Dental
                        オーラルテスター カリエスリスク分析ソフト
→費用について
http://miura-shika.com